鈴鹿バルーンフェスティバル2010 優勝!

2010年9月18日(土曜)から20日(月曜)までの3日間、三重県鈴鹿市にて

2010日本ホンダグランプリ第3戦「鈴鹿バルーンフェスティバル2010」が開催されました。

今年のグランプリの折り返し地点となる今大会では、晴天に恵まれ熱い戦いが繰り広げられました。

鈴鹿サーキットがメインになるこの大会では、3連休ということもあって、沢山の観客の方々に

足を運んで頂きました。

9月18日 初日


#1PDG  #2HWZ #3JDG #4FON

 

初日の朝は、穏やかな北東風と北風が吹き、一斉離陸の元、

4タスクが行われました。時間と共に変化しやすくなっていた

地上風と、10km以上に及ぶ長距離フライト、時間との勝負が

このフライトの鍵となりました。

 

 

 

10km先の#3JDGへ向かう風が弱まる事を懸念して、BUMは早めの離陸を選択しました。

#1PDGは38cmの好投。JDGには1.5kmたどり着けなかったものの、最後のFONを制限時間終了30秒前に投下し、高ポイントを獲得しました。初日首位でスタートです。

 

午後は強風のため、競技飛行はキャンセルです。

 

 

9月19日


#5FIN #6HWZ #7FON

 

この日の風も変わりやすく、地上風は北東から、その上は西からの風が吹いているという状況でした。この風には大会側も悩まされ、フライト直前の補足ブリーフィングで一斉離陸からFINに変わるという、珍しい変更が下されました。

 

BUMはランチサイトから北北西の方角から離陸し、FINを10mで1000ポイント。HWZは鈴鹿市のPZを避け、FONを狙い易くするため、離れた位置で投下。FONを12mとし、首位をキープしました。

 

#8FIN

 

午後にも1タスクのフライトが行われました。

離陸時間直前で南風が北風に変わる、離陸場所の選定が難しいタスクになりました。

 

BUMは北側から離陸するも、1000m以上の風をうまく捕えられず、ターゲットから大きく離れてしまいました。

最終日を残して、2位です。

 

この日の夜には恒例イベントのバルーングローも行われました。サーキット内に一列に整列した熱気球たちが、炎と光のイルミネーションを演出し、たくさんのお客様の笑顔でスタンドが埋まりました。

 

9月20日 最終日


#9HWZ #10PDG

 

最終日は一斉離陸で2タスク行われました。地上と1000m以上の高層の風は西風、その間は北風という風のデータでしたが、離陸許可の合図の後に北風が弱まりました。そのためPDGのゴール選定が非常に難しいフライトとなりました。

 

BUMも選定に悩み、離陸可能時間終了の3分前に離陸。地上風も優位な方向に変化し、HWZもPDGもエリア内に投下することが出来ました。首位のチームが最終タスクを外し、BUMが見事逆転優勝を飾りました!!

 

海が近く着陸場所も少ないこのエリアには、苦手意識があったのですが、4回目の挑戦にして初めて優勝することが出来ました!今回も手伝ってくれたクルースタッフには感謝感謝です。

 

 

最終結果


鈴鹿バルーンフェスティバル2010

 順位 ゼッケン 名前 出身 得点 

1

#1 Y. Fujita Tochigi 8069
2 #12 Y. Ueda Saitama 7693
3 #11 M. Kawaguchi Saitama 7352
4 #8 Y. Kodama Tochigi 7080
5 #7 R. Parry England 7070
6 #16 S. Akama Kanagawa 7000

2010ホンダグランプリ第3戦までの成績

順位 前回順位  チーム名 パイロット名  ポイント
1 2 B.U.M B.T Y. Fujita  164
2 1 Hustle B.T Y. Kodama 150
3 6 HONDA HAB R.T M. Kawaguchi 132
4 4 team LAPUTA T. Sue 131
5 3 BG Kumosuke S. Akama 128
6 11 Blue Wind B.T Y. Ueda 116