アメリカ遠征記

2015年5月から7月までの2か月間、単身熱気球武者修行に行ってまいりました。

この度は、株式会社やずや様よりご支援を頂きました。誠にありがとうございます。


遠征の目的は、2つあり、

1つは、US熱気球パイロットライセンスの取得。

もう1つは、大会の転戦です。


アメリカのライセンスは国(FAA)から発行されているため、所有することで、より国際的に熱気球を飛ばすことができます。日本のライセンスだけでは、アメリカ国内大会参加が認められないため、アメリカで飛行するには必携しなければなりません。

ライセンス取得後、4つの大会に参戦してきました。


ニューメキシコ州のアルバカーキと、ミシガン州の2か所をメインに滞在してきました。

アルバカーキ編


滞在の前半はアルバカーキ。ライセンスの取得はこちらで行いました。

ホームステイをしながら、実技のフライトと、筆記試験用の勉強の繰り返しの日々です。


ライセンス取得には約1週間かかりました。

熱気球に関する知識だけでなく、エアスペースや無線の交信方法、天気の知識など、

英語での理解が大変な部分もありましたが、たくさんの地元パイロットたちのサポートのおかげで

5月26日無事に、念願のUSライセンス取得が実現しました。

リオグランデ大会



5月23日~25日


アルバカーキの隣町リオグランデでの大会に参加しました。


41機が参加する今大会は天候にも恵まれ2フライトが実施されました。


初日のFINでは、自身初となる0cmを出すことができ、フライト後にみんながお祝をしてくれました。

リオグランデの風はとても穏やかでしたが、標高1500mでのフライトでは、バーナー操作に気を使います。海抜0mと比べると、約30%のパフォーマンスダウンがみられます。


2日目の第3タスクでも1000点を獲得!総合成績は2位でした。


大会後は、トロイ・ブラッドレイ氏の大型パッセンジャーバルーンに、アメリカチャンピオンのポール・ペトレン氏と一緒に乗せて頂きました。


トロイ氏は今年、佐賀市から離陸し太平洋横断を成功したばかりで、そのフライトによって世界記録を更新しております。


そんなパイロットと一緒にフライトができるなんて、とても感動しました。

ミシガン編


後半は、ミシガン州での大会に参加。


カーソンシティ、ハウル、バトルクリークの3つの大会にエントリーできました。


USパイロットを取得しているので、今年は正式に選手登録ができます。


カーソンシティとバトルクリークでは、ポールの機体。


ハウルでは、マット(地元の若いパイロット)の機体を貸していただきました。

カーソンシティ大会とハウルの大会では、あいにくの雨天で競技フライトが実施されませんでした。


大会のスポンサーさんを乗せてのパッセンジャーフライトは数回行えました。

少し残念でしたが、今年の天気は概ね安定していないようです。

遠征最後のイベントとなったのはバトルクリークの大会です。

今回、4回目の参加となります。長い歴史のあるこの大会には、元世界チャンプのジョニー氏を始め

たくさんの競技パイロットが集いました。


競技委員長のジムバークは、長距離設定が好みで、ゴールとゴールの間隔は7km以上がほとんどでした。

広大なエリアでのロングフライトが続きます。


初日の4タスクを終え、成績は1位!


次の日も天気は良く、3タスクが実施されました。

最初のフライインを、90m外してしまいポイントを失います。

トップ集団はミスがないので、ひとつでも外すと、遅れを取り戻すのが大変です。

他のふたつは上手くまとめるも点差を縮める事はできず、7位に落ちます。


最終競技フライトは3タスク。FIN,JDG,JDG。

はっきりとした風でアプローチ勝負となりました。

先頭を飛んでひとつめはオンターゲット!

2つめでは、普段より大きなターゲットに距離感がつかめず、12m。

最後はオンターゲットでしたが、3つともきっちり決めたトップ集団には追い付けず、

総合5位に終わりました。

フライト中、地上クルーは使わず、パイロット同士が無線でやり取りしながらゴールを目指すアメリカパイロットたち。

僕のチームとはスタンスが違いましたが、その中に入れてもらい競技に参加することで、彼らの巧さを

感じることができました。

次は飛びなれた自分の機体で挑戦したいです!


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    中津川武秀 (火曜日, 16 10月 2018 00:33)

    アルバカーキの大会に仲間6人で観光がてらでも良いとやって来ました。石岡さんがタイでフランクさんと会い、彼の紹介でカリフォルニアのスティーブ ウィルキンソン シンディ夫妻と出会い、クルー登録してもらい携わる事が出来ました。
    次の機会にはパイロットとして参加したい旨をお話ししたところ、雄大さんに10時間トレーニング受けてログブックにサインもらえば、筆記試験、口頭試問、実技試験はアメリカで受けなさいと言われました。
    英語もろくにできない私ですが、チャレンジしたいと思います。
    Email takehide46kyoku2121@docomo.ne.jp
    takehide2509@netbeet.ne.jp
    lineのID55462509
    携帯電話 090-8705-5235
    バルーン仲間とはラインでのやり取りが多いので出来ればラインでお願い出来ませんか
    資料などはpcのEmailでお願いします。